モンスターカレンダー

 2011年3月 
12345678910111213141516171819202122232425262728293031

2011年3月アーカイブ

青汁は健康食品なので、薬と違って「いつ飲まなければいけない」
といった決まりはありません。が、一般的に朝に飲むと効果的といわれているのです。

なぜなら、朝に青汁を飲めば、その日に必要な栄養素を体に吸収できるため。
十分な栄養をとりいれ、その日の元気をチャージしましょう。
ところが、最近は朝食を食べないといった人が、若者を中心に増えています。
中には5人に1人は朝食を食べていないというデータも出ているほど。
しかし、朝食は人間にとって、とても大切な役割を果たしているのです。
寝ている間に低下していた体温を上げて、脳をウォーミングアップしてくれます。
頭を働かすためには、朝ごはんは必要不可欠!
「朝食をきちんと摂取している子供の方が、成績がアップする」といわれているのも、
そういった理由があるんですね。

また、朝食で食物繊維たっぷりの青汁を飲めば、おなかも快調!
 便秘気味の人は、ぜひ朝食に青汁をとりいれてみましょう。
たくさん食べて、朝からすっきり。ダイエットの基本です。

とはいえ、忙しくて、面倒で・・・どうしても朝ごはんを食べられないときは、
この青汁だけでも摂取するように心がけてみませんか? 
栄養豊富な青汁だから、わずか一杯飲むだけでも、十分な栄養を取る事が出来ます。
一日の始まりは、青汁から!


苦味が抑えられた青汁が増えているとはいえ、
やはり青っぽい風味が気になるという人は、ちょっと飲み方にひと工夫してみては?
牛乳で割ってみたり、フルーツジュースで割ったりハチミツなどを加えて飲んでも飲みやすくなります。

一番よくあるアレンジは、牛乳やヨーグルトをプラスする飲み方。
水のかわりに牛乳やヨーグルトを青汁に入れると、まろやかな味わいになります。
抹茶風味の青汁なら、牛乳に溶かせば、抹茶ミルク風ドリンクに!

レモン汁を1~2滴まぜるだけ、という方法もアリ!
レモンの酸味が効いて、青汁の独特の風味がさわやかに。
1~2滴ぐらいが適量ですが、酸っぱいものが好きな方であれば、
もう少しプラスしても。量はお好みでどうぞ。

脱毛するのがめんどくさい!時間がない!お金がかかるから・・・と
お悩みの方は家庭用脱毛器がおすすめです。
あいているすきな時間で脱毛できますし、最近の商品は技術が向上してプロ顔負けのすべすべ肌
を手に入れることができます。

青汁に、甘味のあるジュースをプラスすると、ずいぶんと飲みやすくなります。
好みもありますが、オレンジジュースやリンゴジュースなどがおすすめ。
果物の甘味や風味が、青汁の苦味をやわらげてくれます。
お好みのジュースでどうぞ、またそこに牛乳をさらにプラスしても結構いけます!

意外なマッチングですが、きな粉との相性はとってもGOOD。
きな粉の甘みで、おいしく飲めます。
きな粉は大豆加工食品なので、栄養たっぷり。
きな粉とまぜあわせれば大豆サポニン、大豆レシチン、
イソフラボンなどの大豆成分も摂取可能に。青汁+きな粉は、最強の組み合わせのひとつ!

店舗販売と違って、通販の場合は、
手ごろな価格の「お試し品」が提供されている場合があります。
まず、どんな味か、自分の好みに合うか、
通常よりもちょっと小ぶりサイズのお試し品で試してみてはどうでしょう。

また、ネット上には、青汁を実際に購入して飲んでみた人たちの「クチコミ」もたくさんあります。
メーカー発信の広告と違って、客観的によいことも、悪いことも書かれているので、
青汁選びの参考にしてみては? 
ただ味については、人によって好みがずいぶんと違うので、
あくまでも参考程度とするのがよいでしょう。
ムダ毛が気になる方はコチラで人気の脱毛サロンがわかります。
脱毛サロン 口コミ
青汁の人気が高まるにつれ、ドラッグストアやスーパーでも気軽に青汁が購入できるようになりました。
が、やはりインターネットの方が便利という人も少なくありません。
中には通信販売限定の青汁もあるので、通販を活用して購入するのもおすすめです。

通販は、やはり店舗に足を運ばなくても、自宅で気軽に買い物できるのが一番の魅力。
また、たくさんの種類の青汁をカンタンに比較できるというのも、
通販ならではのポイントといえるでしょう。
いくつか注意しなければならないところもあります。
少なくとも、以下の2つは必ずチェックしましょう。

通販は店頭販売より高い、と思われがちです。
が、それは大きな誤解。
通販・店舗にかかわらず、青汁は1杯あたり100円程度が相場とわれています。
この値段は、通販でも店頭販売でも、あまり大きな差はないといえるでしょう。
ただ、通販の場合は、これに総量がかかってきます。
なので、値段を比較する際には、送料のことも考えて検討し、
自分が無理なく続けられる値段の青汁を選びましょう。
支払い方法は、クレジットカード払いや銀行振込、コンビニ決済、代金引換など、
さまざまな方法があります。

青汁といえば、かつてのCMのイメージが強いためか、「まずい!」「苦い!」といった
 イメージが強くなっています。
確かに、青臭い風味があるといえばあるのですが、
以前と比べるとずいぶんおいしくなっているのも、また事実。
苦いものが苦手な子供でも無理なく続けられるよう、
ずいぶん味の面でも改良されてきました。

味で選ぶ際の基準をほんの一部、ご紹介すると・・・

●原材料に使っている野菜によって、ずいぶんと風味が違います。
クセのないもの、またちょっと苦味がありそれが魅力になっているものなど・・・。

●最初から、青汁にはちみつや緑茶などを混ぜ、飲みやすく工夫されているものもあります。

とはいえ、味の好みは人それぞれ。
実際に飲んで見なければ「味」がどうなのかはなかなかわかりませんよね。
まずは各メーカーが提供しているお試しセットなどを購入し、
味を比較してみるのがおすすめ。
いくつか試してみて、自分の好みに合う「味」を見つけるようにしましょう。

せっかく健康によい青汁を毎日の生活に取り入れるのであれば、安全性にもとことんこだわりましょう。青汁製品の添加物の有無を確かめるだけでは不十分。というのも、原材料(野菜)の栽培過程で、農薬など有害な薬品が使用されていると、悪影響が生まれる可能性もあるからです。原材料の栽培方法まで、しっかり安全性をチェックしましょう。

現在のところ、国内で販売されているほとんどの青汁は「無農薬・有機栽培」といわれているので安心です。
ただ、農薬や化学肥料を使用せず、昔ながらの有機栽培で育てようとすると、
虫がつきやすくなったり、病気にかかりやすくなったりします。
そのため、製品化までにとても手間がかかるため、
その分多少価格も高くなってしまいがち。
ですが、安全性を考えれば、決して高いものではないでしょう。

値段だけに左右されることなく、購入前にはホームページやパンフレットなども見て、
原材料の栽培までどれだけ配慮しているか、きちんと確認するのがおすすめです。


青汁は薬のような即効性はありません。
毎日適量を飲み続けることで、体調を整えていく健康食品です。
つまり、「毎日続ける」ことがとても大切。
そのため、あまり値段の高い青汁を購入すると、経済的負担が大きくなり、
途中でやめざるを得なくなることも考えられます。
いくら値段より安全性・品質といっても、
あまり高価なものを無理して購入するのはおすすめできませんね。

現在のところ、青汁の値段は1杯あたり100円程度が相場といわれています。
が、もちろんこれは一般的な値段。メーカーや青汁の種類などによって、
値段は実にさまざま。ホームページをよく見たり、サンプルを取り寄せたりしながら、
じっくりいろいろな青汁を比較検討してみかしょう。
また、定期購入やまとめ買いでディスカウントされたり、
送料が無料になることもあるので、
そういったお得なサービスも上手に活用するようにしましょう。

液体の青汁を冷凍保存したもの。
冷凍庫に入れておき、青汁を飲むときはその分だけ解凍します。
急速冷凍で作られているので、鮮度の良さが特徴です。
栄養素が濃縮されているため、青汁独特のクセがあるため、少々飲みにくいかも。
ただ、新鮮さを保っているので、飲みにくさが気にならなければ、
冷凍タイプのおすすめ度は◎です。

青汁を乾燥させ、粉末化したもの。
冷凍タイプのものとほぼ栄養価は同等なのに、
水に溶かして飲むだけという手軽さが人気となっています。
時と場所を気にせず飲むことができるという点や長期保存できることなども魅力。
味に関しては飲みやすく、青汁の味が苦手な人でもおいしく飲むことができます。

瞬間的に青汁を凍らせて、真空で乾燥させた青汁のこと。
高熱処理ではありませんので、栄養素を壊すことがないので、
青汁のよさをそのまま摂取することが可能です。
水を加えて液状に戻してから飲むようにしましょう。

いわゆる錠剤タイプのもの。
粉末のものよりさらに手軽に飲めることや、携帯に便利なことから、注目を集めています。

青汁には、さまざまな野菜が使われており、
それによって含まれている栄養素や働きなども異なります。
内容成分の特徴と見極め、体にあった青汁を選択しましょう。
ここでは、原材料と形状による違いを紹介します。

ケールは地中海地方原産のアブラナ科の野菜で、キャベツの原種と言われています。
ビタミンAやCの量が豊富なほか、ミネラルや食物繊維をたくさん含んでおり、
「スーパー野菜」とも呼ばれているほど、栄養豊富な野菜のひとつ。
免疫力を高める作用に優れています。
アクが少ないため、ケール青汁より飲みや水と、最近人気が高まっている青汁のひとつ。
青汁の青臭さが苦手という人におすすめです。
ビタミンやミネラル、酵素などがバランスよく含まれており、
野菜の足りない食生活を送っている人にぴったり。

もともとは沖縄でよく食べられていた野菜ですが、今や全国各地でポピュラーな野菜に。
というのも、それだけ栄養豊富で体によいといわれているから。
食物繊維、ビタミンE、葉酸、カリウム、カルシウム、ビタミンC、ビタミンK、
カロテンなどが多く含まれております。

昔から桑の葉は生薬としても用いられてきたほど薬効が高いとされてきました。
各種ミネラルをはじめ、フラボノイドやギャバ、食物繊維を多く含んでいます。
また、血糖値を下げる効能もあるので、高血糖の方にもおすすめ。
甘いものが好きな方、体重を気にされる方、お通じを気にされる方にぴったりです。

茶の青汁はケールや大麦若葉と緑茶を混ぜたものです。
緑茶を配合しているため、他の青汁より非常に飲みやすく、
抹茶のような味わいを楽しめます。
また、緑茶にはカテキン、ビタミンCが多く含まれているのも魅力。

明日葉は、ミネラル、ビタミン、食物繊維が豊富。
さまざまな栄養素がバランス良く含まれているので、生活習慣病が気になる人にもおすすめ。また、カロリーが低い青汁の中でも特に低カロリーなので、ダイエット中の人も安心。

ベータカロチンがカボチャの3倍と言われており、
ミネラル、ビタミンB1、ビタミンB2、α-リノレン酸が豊富。
特に青じそ青汁は、アトピー・花粉症・喘息といった症状の緩和を期待できるといわれています。

よもぎは、体の冷えを気にされる方、便秘が気になる方におすすめ。
また、よもぎは身体を温める性質を持っているので、
冷え性・貧血で困っている方も試してみる価値あり。
女性にやさしい青汁といえるでしょう。

最近、健康のために青汁を飲んでいるという人、あなたの回りでも増えていませんか? 
では、その青汁っていったい何なんでしょうか。
「葉っぱみたいに緑色の飲み物」「苦くてまずそう」
なんてイメージがあるかもしれませんね。
実はこの青汁、ケールや大麦若葉といった緑黄色野菜をすりつぶした野菜のエキスのこと。
つまり、栄養たっぷりの野菜をすりつぶしてそのまま飲むため、
その野菜がもつミネラルやビタミン、食物繊維などを摂取できる健康食品として注目されているのです。
栄養豊富で健康にもよい青汁はいろんな年代の人から支持されており、
今では、さまざまメーカーから発売されています。
冷凍・粉末・サプリメントなど形状もさまざま。
また、緑黄色野菜と一言にいっても、
野菜の種類によって含まれている栄養分が異なるため、
いろんな野菜の青汁が発売されています。

青汁といえば、以前のCMで「まずい!」というイメージが定着しているようです。
が、本当にそれほど「まずい」のでしょうか?
実際、青実に使われている野菜は、一般的に青臭いといわれる野菜が多いため、
独特のにおいや味がします。
すりつぶすことで、さらに青臭さがまし、青汁は「青臭くて、苦い」
といわれてしまうようです。
ただ、最近ではずいぶんと味わいの風味が変わりつつあります。
青汁特有の青臭さがかなり抑えられており、
青臭い野菜が苦手な方でも無理なく摂取できるようになってきました。
味にクセのない野菜を使用したり、
はちみつやオリゴ糖を加えて自然な甘味をプラスしているものもあります。

最近、健康のために青汁を飲み始めた人が増えています。
あなたの回りにもいませんか?では、なぜ青汁が健康によいのでしょう。
その理由はズバリ、栄養豊富な青汁が、現代人に不足している栄養を補ってくれるから。
私たちの食生活は欧米化が進み、私たちの食生活は栄養バランスが偏りがち。
肉中心の食事になってしまい、野菜は不足しがちです。
厚生労働省では、野菜摂取量が1日平均350gが理想的としているのに対し、
平均は290gとかなり少ないというのが現状。
生活習慣病に悩む人が増えているのも、
そんな食生活に起因しているのではないかといわれています。

そこで、頼もしい助っ人が、青汁なのです。青汁は数十種類の野菜から作られており、
特にケールや大麦若葉などの青汁の主原料には、ビタミンA、B、C、E、カルシウム、
ミネラル、葉酸、食物繊維などの栄養素が他の野菜よりもはるかに豊富に含まれています。食生活を何とかしたい、とは思っているものの、長い間につちかわれた習慣だけに、
なかなか変えられないもの。
そこでまずは食生活を少しずつ見直しながら、青汁も取り入れてみてはどうでしょう。
1杯の青汁で栄養バランスを整え、健康ライフをスタートしませんか?